【感想】この世界のイケメンが私に合っていない件 1【フェアリーキス】

「この世界のイケメンが私に合っていない件 1」の感想&備忘録です。
ネタバレ要素がありますのでご注意ください。

概要

著者:川辺ヤマ(かわべやま)
イラスト:みずきたつ
出版社:株式会社Jパブリッシング・(レーベル)フェアリーキスピンク
発売日:2019年01月28日
小説家になろう:https://novel18.syosetu.com/n9532en/

《転生美人令嬢×コワモテマッチョな騎士団長、不器用年の差カップルの恋の行方は!?》

異世界転生してモテモテ美人令嬢になったアンネリア。これならイケメンを捕まえ人生イージーモード! と思いきや、この世界のイケメン――中性的王子様タイプがどうにも好みに合いません! そんな時、ばっちり好みのコワモテ騎士団長ヴィンセントとお近づきになれたけど、恋愛初心者ゆえにどうしたらいいか分からない。一方ヴィンセントも、こんな美少女に惚れられた理由が分からずただオロオロ。純情すぎる年の差カップルは無事結ばれるのか!?

出典:Jパブリッシング

登場人物

・スターレイ侯爵家
父:ジェイド・スターレイ(都市トラウスを統治、氷結の支配者)
母(他界)
長女:アンネリア・スターレイ(17歳、愛称はアンナ。異世界転生している)
侍女:ライラ
老執事:レネ(60歳、アンネリア父の側仕え)

・カーネリオ侯爵家
侯爵(都市ルテウスを統治)
侯爵夫人
長男:レオン・カーネリオ(アンネリアの幼馴染)
長女:イブリア・カーネリオ(レオンの妹)

・チャニング伯爵家
長男:ヴィンセント・チャニング(33歳・独身、愛称はヴィンス。王国騎士団長)
次男

・ハーロック伯爵家
令嬢:キャロル・ハーロック(アンネリアの親友、婚約者アダム)

・クリアネイト伯爵家
令嬢:テサーレ・クリアネイト(アンネリアのライバル)
執事:アレイン

・クラーゲンツ国 王族
国王
王妃:マリア
第一王子:マルク
第一王子妃:サラ
第二王子:ジルベルト(独身)
第一王女(「小説家になろう」のみ登場)

・王国騎士団
団長(ヴィンセント)
副団長:ケイ・ファーガス
近衛騎士:ルイス(王国騎士団第三部隊に所属)

・トラウスの雑貨店
店長:ゼン(男性)
女性店員

・その他
ダミアン・フェラン(ホワイトオーウェンの豪将、男色で有名)
アダム(キャロルの婚約者)

舞台

・国家
クラーゲンツ国
ブレンゲルツ国
シュバーツ国
ブルーデンツ国
(一国の広さは大体都道府県と同じ。王都は中心に位置するとして、大抵の国なら馬を使えば端に行くまでに一日かからないくらいの設定。「小説家になろう」より)

・クラーゲンツ王国
王都にはアンネリアたちが住んでいる
王国騎士団を持つ
この国の成人は18歳から
娼館あり
西の貿易都市トラウス(スターレイ侯爵家の領地)
東の工業都市ルテウス(カーネリオ侯爵家の領地)
王国最北端 ホワイトオーウェン

・ブレンゲルツ国
トラウスの街道から繋がる国の1つ
芸術活動が盛んで、優れたデザイナーが多い
ブレンゲルツ国美術展(年に1回開催、ブレンゲルツ最大規模の美術展。観覧者全てが伯爵位以上)

・シュバーツ国
トラウスの街道に通じる三国の1つ

・ブルーデンツ国
第三王子までいる。アンネリア父が、娘の結婚相手に考えていた

・都市トラウス
スターレイ侯爵家の領地
隣国との国境沿いに位置する
三国に通じる大街道が都市の真ん中を通っていて、国の玄関の役割がある

・都市ルテウス
カーネリオ侯爵家の領地、鉱山や工場メイン
クラーゲンツ国の東に位置する
ルテウス特産品、ルテーナ(青と緑が混ざった輝きを持つ美しい宝石)
鉱山や工場は都市の端に集中
中心街は鉱石の加工場が多く、観光客向けの体験施設がほぼ併設されている
商店は少なめ
噴水広場(観光名所の一つ)
市民はのんびりと穏やかで、平和主義で勤勉な性格

・ホワイトオーウェン(詳細設定は「小説家になろう」のみ登場)
王国最北端にあり、寒さが厳しく作物も育ちにくい土地柄
第二王子が将来飛ばされる場所

・王国騎士団
第一から第八部隊=近衛騎士
第九から第十六部隊=王国内の各都市に配属
第一から第五部隊は騎士団長直属
第六から第八部隊は副団長が担当

・王立騎士団訓練施設の執務室
ヴィンセントが勤務している
平和な時代であり、デスクワークが多い

・この世界のイケメンの条件は「女性的な美しさを持つこと」

外見・人物像(記載ある人物のみ)

・アンネリア(ヒロイン)
金色のロングヘア、瞳は菫色(すみれいろ)。絶世の美女。
前世は、恋愛には消極的で平凡な女性(外見・身分・特技どれも平凡、恋人はいた)で、多分日本人。

・ヴィンセント(ヒーロー)
ルビーの瞳、短く刈り込んだシルバーの髪。強面でマッチョ。
甘味好き(タルト、フルーツを使用したものが特に好き)、演劇が好き
騎士団専用の寮に住んでいる

・ライラ
友人&姉のような存在、アンネリアが5歳から一緒

・ジェイド
ロマンスグレーが似合うダンディーなイケおじ。重度の親バカ、国王と同い年

・アンネリア母
アンネリアが10歳になる前に他界、病弱だった。アンネリアの外見は母譲り

・レネ
スターレイ家の使用人をまとめ上げる仕事。騎士に劣らない剣技と体術を使いこなす

・カーネリオ侯爵
アンネリア父の友人

・カーネリオ侯爵夫人
アンネリア母他界後は、母代わりになって精神的なフォローをしてくれていた

・ジルベルト第二王子
プラチナブロンドの髪にブルーの瞳。イケメン
女性問題が多く、態度も傲慢な問題児。国王も手を焼いている

・キャロル
エメラルドの瞳

・テサーレ
サファイアの瞳で大きな垂れ目、プラチナブロンドのふんわり巻き髪。セクシーな女性

・アレイン
テサーレの執事。女性的な美しさを持つ、背の高い男性

・ケイ副団長
飴色(あめいろ)の髪、新緑のようなグリーンの瞳。細マッチョでイケメン

・ルイス警備兵
全体的に平均的で、特徴のない青年

・ダミアン・フェラン(詳細設定は「小説家になろう」のみ登場)
王国最北端のホワイトオーウェンの豪将
まるでイノシシのように勇ましいが、一部では、男色で有名な男

感想

今回の本はフェアリーキスから。
フェアリーキスは株式会社Jパブリッシングのレーベルの1つで、「恋愛ファンタジーノベル」レーベルです。この会社って結構若いんですね、2016年1月設立です。でも芳賀書店から出版部門が独立してJパブリッシングになったみたいですから、新しいと言う訳でもないか…ちなみに、Jパブリッシングは「ジュリアンパブリッシング」って読むみたいです。

このお話を読みだして、そもそもの設定にビックリしました。だって18禁だったんですから!

フェアリーキス ピンクがR18、フェアリーキス ピュアがR15設定なんです。そんなの知らないよ!いつもラノベを買っている本屋さんで、明らかな18禁の棚とは別の棚に置いてあったから油断しましたね!気を付けないと!挿絵で、いきなりヒロインの胸がむき出しになっていたり…裸で抱き合ったりとか…職場で読めないではないか(汗)

異世界転生モノですが、主人公の転生前の人物像がふわっとしている(年齢も含めて)ので、転生後の人格の方に意識が向いて分かりやすいです。前世から引きずった設定は「筋肉が好き」ってこと1点だけ。あと、前世では100均のことを知っていたので、きっと日本人でしょう。

前世の設定をふわっとするなら、別に異世界転生しなくてもいいんじゃないか…とも思いましたね…。でも、ごく普通の令嬢がある日唐突に筋肉好きになる!という衝撃の展開にするためには、異世界転生したって位にしないと辻褄が合わなかったのかも…いや、でも令嬢が普通に「実は…筋肉好きなんです…」とか告白しても悪くないよねきっと。うん、異世界転生する必要性はなかった!

そうは言っても、前世の年齢をふわっとしてくれたのは嬉しいですね!例えば、転生前の年齢が40歳とか、はっきり公言してしまうと、現世で18歳でも40歳にしか見えなくなるので…。若い子の恋愛を見ているはずなのに、中年の恋愛を見ている気分になっちゃうんですよ。その点、今回のヒロインは前世で何歳で亡くなったのか分からないのでいいですね。死んだ原因も分からないし、分かるのは「筋肉好き」ってことだけですから!

そして、ヒーローのヴィンセントは33歳、ヒロインのアンネリアは17歳。16歳差もあるカップルですが、アンネリアには前世があるからか17歳+αみたいな気持ちになり、16歳差ってのもそこまで気にならなくて不思議でした。そして17歳という設定も悪くないですね。高校2年ですから、14歳とかよりも感情移入しやすかったです。この点は私個人的な好みですが。

でもなー。実際に自分が異世界転生した場合、思い出した時もっと前世のことを思い出そうとするもんじゃないのかなー。ふとした折に前世を思い出しても悪くないし、もっと一生懸命に思い出そうとしたりすると思うんだよね。そういうのがこの作品にはないですね。なんかこう、すごいあっさり。今を生きてるんだから前世のことには興味ない、っていう雰囲気ですね。ちょっと違和感あるなー。

前置きが長くなりすぎました。

絶世の美女で一途な侯爵令嬢が、筋肉マッチョだけど男として自信がない騎士団長にアタックするお話。

身分の話ですが、今回は侯爵と伯爵、王族が出てきますね。「公侯伯子男」の順で偉いので、王族>スターレイ家・カーネリオ家>チャニング家って感じです。あまり身分差は感じませんでしたが。

ヒロインのアンネリアは美しすぎるあまり、どの男性からも求婚されるような立場にあるけれど、アンネリアの好きなタイプは、この世界では女性にモテない筋肉マッチョだった…という展開。なんであんなブサイクな男がヒロインと恋人なんだ⁈といろんな男性の反感を買います。ってか、ヒーローのヴィンセントも、なんでモテない俺なんかがいいの?みたいになってます( ̄∀ ̄)

美男美女が並んでると皆さん納得ですが、確かに片方がブサイクだとザワつきますよね…まぁ、マッチョはブサイクではありませんが、好みは分かれそうですからねぇ。

ヒロインが前世を思い出した時からお話が始まりますが、思い出したことによって庶民的な雰囲気も加わり、侯爵令嬢だけど親しみやすいキャラになってます。一途で恥ずかしがり屋さんで、ヒーローのことばかり考えてる。前世の美女だけど、ヒーローが簡単には落ちるとは全く考えてなくて、フラれたらどうしよう…みたいに悩んでます(笑)せっかくの美女なのにもったいない…!

モテなくて諦めてたヒーローのヴィンセントも、いきなり女性の頂点みたいなヒロインから声を掛けられて混乱しまくりですね。それ見てるだけで楽しいです。部下のケイとの掛け合いがほぼギャグですし。ケイはイケメンの設定なのにイケメンに見えないよ…

娼館には普通に通ってる描写がありますから、そういうの苦手な人がいるかも。まぁ作家様が「イチャラブやエロを書きたい」「軽い気持ちで書いたから、軽い気持ちで読んで下さい」とコメントで書いてますから、とにかくエロシーンだけは気合い入れてるかもしれませんね…R18ですし…

まぁ、ヒロインからヒーローにアタックして、お互いゆっくり恋人として進んでいき、その仲に嫉妬した男性とか王子様とかがちょっと邪魔してくるけど、だいたい大丈夫って感じかな。マウンティングしてくる女子もいるけど、全く問題ないよ!だってヒロイン底抜けに明るいから!悲壮感なくて安心!ドロドロした感情はほぼありませんね。むしろ邪魔してくれて、恋愛に火がつく感じだよ!第二王子に襲われてもへこたれず、その後にヴィンセントの気持ちを引き出せたアンネリアは強い!ガッツがあって読んでて明るくなるよ!

筋肉好きって設定もこだわってますね。とにかく初デートの時も、ヴィンセントの顔ではなく筋肉ばかり目がいっちゃって…。筋肉筋肉って連呼してる絶世の美女アンネリアが笑えて仕方ないよ!しかも、ヴィンセントに抱きしめられたら素敵だろうなって思ってる時も筋肉のこと考えてて、ヴィンセントに抱きしめられるというより、筋肉に抱きしめられる想像してるよ…!

18禁だけど、お話の内容は全体的に明るくて、あまり嫌な気持ちにはならなかったなー。安定の両想いだし、ヒロインたちの気持ちがブレたりはしないし、単にエロい恋愛読みたいって時にオススメです(笑)ちょっとヒーローがウジウジしているってかヘタレってか、そこだけ少し気になる程度でしたね。

気になった点

・自宅やヴィンセントの職場でアンネリアたちは抱き合ってるが、アンネリアが顔をヴィンセントの胸板にスリスリする描写が多い。お化粧した顔を擦り付けて、ヴィンセントの白い騎士服が汚れてもいいのか?個人的にはすごく気になるよ!

・ヴィンセントが「ショーツ」って言うのが堪らなく恥ずかしい!男性だし、パンツとかでいいんじゃないか⁈絶対ショーツなんて言わないだろこれ!私だって言わないよ!…今の若い子はズボンのことをパンツって言うみたいだから、ヴィンセントに言わせるなら…「下着」とかにしてぇ!むしろ筋肉マッチョに「ショーツ」とか言わせて、読者を羞恥で苦しめるプレイか何かなの…⁈

・ワンピースは分かるけどパニエって何?常識ですか…?

好きなセリフ

・p106「ていうかまだくっついただけですわ」
さすがライラ姉さん、としか言いようがない冷静さです(笑)

メモ

パーティ、お茶会、貴族のお家デート、街ブラ、騎士団、馬車、異世界転生、R18

魔法なし、魔物なし、戦闘シーンなし

last update:2019.08.15


スポンサーリンク



1 thought on “【感想】この世界のイケメンが私に合っていない件 1【フェアリーキス】

  1. ピンバック: 【感想】この世界のイケメンが私に合っていない件 2【フェアリーキス】 | てるねこ.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください